SNSを使って彼女を作る方法

SNSは、ここ10年ほどで急激に普及率が高まり、今では20代~40代の人はほとんど何らかのSNSに関わっています。

SNSはネット上で人との関りを持つものなので、『彼女が欲しい』と考える人がSNSを用いて彼女を作ろうとするのは普通のことでしょう。

そして、実際にSNSを用いて彼女を作ることは可能です。

この記事では、SNSの代表格である「Twitter」と「LINE」での恋活について紹介していきたいと思います。

LINEを使っての恋活

SNSの代表格でLINE。

このLINEを使って彼女を作ることは可能でした。

ですが、結論から言うと、LINEで彼女を作ることは今では難しいです。

昔はできたのに、今になってできなくなった原因は

・タイムラインで友達追加できなくなったから

です。

LINEはの運営サイドは、「LINEで彼女を作る」「LINEでセフレを作る」といった行為を嫌っています。

タイムラインでの友達追加が出来なくなったのは、これらの行為を抑制するためと考えられるでしょう。

もし今LINEで出会う方法があったとしても、その方法が周知されるようになってしまえば、いずれその方法を抑制するようにLINEサイドが動きます。

よって、LINEで彼女を作るのは諦めた方がいいでしょう。

ツイッターで彼女を作る

LINEとは違い、ツイッターはまだ彼女を作ることができるSNSの1つです。

今から紹介する方法を使えば、彼女を作ることは可能です。

彼女のターゲット

ツイッターで彼女を作る際に、ターゲットとなる女を間違えてはいけません。

ターゲットとなる女の特徴は、

①会える距離にいる人

②「#彼氏募集」「#恋人募集」のようなタグが付いていない人

③フォロワーの数が300人以下の人

この条件を全て満たしている人が、ツイッターで彼女を作るときの彼女候補となります。

①会える距離にいる人

会える距離にいなければ、まず彼女にするのは難しいです。

会うことすら難しいですからね。

あなたが「距離なんて関係ない!」という強者だとしても、相手にとっては距離は関係あります。

②「#彼氏募集」「#恋人募集」のようなタグが付いていない人

このような露骨なアピールをしてくるユーザーのほとんどは業者です。

この手のユーザーは、あの手この手を使って高額商品を買わせようとしてきたり、怪しげなサービスを紹介してきたりします。

ネットを利用して彼氏を作ろうとしている女も、ここまで露骨にアピールしてくる女はいません。いたとしても高確率で「変な女」でしょう。彼女には不向きです。

③フォロワーの数が300人以下の人

彼女のターゲットにするなら、フォロワー数が300人以下の人がいいです。

フォロワー数が多い人は、『ツイッターのヘビーユーザー』もしくは『プライベートが充実しているユーザー』のどちらかです。

この両方とも、彼女にするのは難しいでしょう。

『ツイッターのヘビーユーザー』は、色々なマッチングサイトに登録していることがほとんどです。

彼女たちは、彼氏を作ろうとしたり、セフレを見つけようとするときはツイッターではなく、マッチングサイトの方を利用します。

そのため、ツイッターは「彼氏を作ろうかな」など全く考えてない状態で利用しています。

会ってすらくれないでしょう。

『プライベートが充実しているユーザー』は、合コンや友達の紹介などで彼氏を捕まえる人が多いです。

そもそも自力で捕まえられるような可愛い女が多いです。

もし、出会いを求めていたとしても、SNSで彼氏を作ろうとは考えません。

この手の人たちは、上手く流れを持っていけば会ってくれるかもしれませんが、最初に合ってから彼女にするまでのハードルは高めです。

ツイッターで彼女を作る手順

ツイッターで彼女を作る手順を具体的に紹介していきたいと思います。

1.同じ趣味の人をフォロー

まず、同じ趣味の人をフォローしていきます。

これは、検索機能やフォロワーのフォロワーを見れば簡単に探せるはずです。

フォローする人の人数ですが、1日10人程度に抑えておくのがいいでしょう。

たまに1日に100人以上の人をフォローしたりする人がいますが、あまり多人数を一気にフォローしたりすると、ツイッター側にアカウントを止められてしまうことがあります。

なので、フォロワーをコツコツと増やしていくことをおススメします。

2.つぶやく

自分の趣味に関する内容で繰り返しつぶやきます。

ここでの趣味は、1と同じ趣味にしてください。

1+2の段階で、ある程度のフォロワーを集めることができます。

また、つぶやきやフォローの内容が同じ分野なので、いざ会おうとしたときに誘い文句も浮かびやすいです。

3.リアクション・リプライ

ある程度フォロワーが増えたら、「この子いいかも・・・」という子にリアクションをするといいです。

コメントでもいいねでも、どちらでもいいので少しリアクションしてみてください。

相手がこの反応に無反応でも、そもそも気づかなかったとしてもリアクションが必要です。

今後連絡を重ねる上で、リアクション・リプライは必須です。

4.頻繁なやり取り

ターゲットの投稿に定期的にリアクションをしていたら、相手もリアクションをしてくれるようになってきます。(リアクションがなくてもかまいません)

「相手からリアクションされるようになる」OR「10回程度こちらからリアクションした」というところで、DMでコンタクトを取ります。

もちろん全く無視という場合もありますが、趣味が同じでたくさんリアクションしてくれる人に対しては返信率が高いです。

ここでDMを返されたら、そこから少しずつやり取りをしていくようにしてください。

5.LINEの交換

「打ち解けたな」と思った時点でLINEを教えてもらいましょう。

案外簡単に教えてくれます。

ツイッターを通してではなく、LINEを使ってのやり取りができるようになれば、いきなり連絡をぶっちされる可能性はかなり低いと思ってもいいです。

LINEでの会話で、趣味以外の話(仕事の話や恋バナ)ができるようになるまで連絡を続けるようにしましょう。

6.誘う → デート → 告白

ここまで来たら、あとは普通に告白まで直行するだけです。

ツイッターからLINE交換して、プライベートな話しをするようになった時点で、ある意味彼女の中での存在価値は大きなものになっています。

それこそ、普段の生活の中にいる人たちよりも話しやすい存在になっていることでしょう。

なので、誘いには乗る可能性が高いです。

よって、誘って、デートして、告白して、成功して、彼女ができます。

この段階まで来たら、SNSで出会ったかどうかは関係なくなります。

ツイッターで彼女を作るデメリット

ツイッターはLINE同様、「彼女を作るため」「セフレを作るため」に利用されることを嫌がっています。

もしそんな使用を認めてしまえば、悪徳業者がたくさん寄ってきてしまい、サービスの質が低下してしまうからです。

そのため、ここで挙げた方法もいずれは出来なくなってしまう可能性もあります。

本来、SNSは異性関係のために使うものではなく、もっと健全な出会いやコミュニティ形成に使うものだということを忘れてはいけません。

もっと簡単にすればいいのに・・・・。

このように、SNSを使って彼女を作ることは可能ですが、正直めんどくさくないですか?

フォロワーを増やす作業なんて、彼女を作るためにやる作業としては面倒です。

それに、せっかうデートまでたどり着いた相手が、ブサイクなんてこともありえます。

それなら、最初から別のネットでの出会いを利用した方が楽に出会えますし、彼女にできる確率も上がりますし、最初から写真も見れます。

・・・・SNSでくっついてるカップルも確かにいます。

(ネットを通して彼女を作っている人が約20%の時代に突入!)の記事でも紹介しているように、ネットで出会ってカップルになっている人たちは増えているので、その方法の1つがSNSを使ったものというのは当然でしょう。

ですが、ネットでの出会いの大部分を占めているのはマッチングサイト・出会い系サイトの利用です。

「たくさんやりたい」

「暇つぶしできる相手が欲しい」

「彼女がほしい」

なんて願望を叶えるのに最も効率的な方法は、SNSではなく出会い系サイトでしょう。

出会い系での出会いは、

・簡単に出会える

・お金がほぼかからない

・顔写真を見て会う相手を決めれる

・時間に縛られずに使用できる

・みんな使ってる

にも関わらず、いまだにマッチングアプリとか出会い系サイトに偏見を持っている人も多いです。

本当にもったいない。使ってみれば分かるのに・・・。

出会い系が不安だという人は、とりあえず無料登録できて、サクラもいない大手の安全なサイト

PCMAXハッピーメールワクワク

に登録して、とりあえずどんな女の子がサイトにいるのか?顔写真だけ見るのもありだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする