社会人が彼女を作る方法10選!メリット・デメリットも紹介!!

学生時代と比べて、社会人になると彼女を作るのが難しくなるように感じる人は多いのではないでしょうか?

社会人になると、学生時代よりも気軽に付き合うのが難しくなるため、彼女を作る難易度が上がるのは仕方のないことだと思います。

ですが、『社会に出てから出会いがなくなった』と考えるのは間違いです。

社会人になった方が、出会いが増え、彼女を作る手段が増えるのは間違いありません。

社会人が彼女を作る方法10選

社会人が彼女を作る方法は10もあります。

1.職場・仕事関係

社会人が彼女を作る場所で最も多いのが、職場です。

仕事は生活の約3分の1を占めることになるので、1番接する機会の多い職場の女に気持ちが行くのは当然のことでしょう。

職場恋愛の場合、結婚までいく確率も他の方法で付き合うよりも高いです。

デメリット、失敗のデメリットが大きい

職場恋愛の場合、上手く付き合うなら問題はないですが、恋愛を失敗してしまったときの影響が大きいです。

・デートに誘ったけど断られた

・告白したけどフラれた

・別れた

・ケンカ中

このように上手くいってないときに、必ず仕事に影響が出ます。

他にも、

・仕事系の嘘をつけない

・仕事の愚痴を言いづらい

などのデメリットもありあす。

2.学生時代の知り合い

学生時代の異性に連絡をとって狙うという方法もあります。

昔仲良かったのなら、会って居酒屋にでも行けばすぐに意気投合できるはずです。

デメリット、警戒される

女はバカではないので、いきなり連絡が来て「二人で飲みに行こう」と行ったら警戒されます。

頻繁に二人で会うような関係なら大丈夫かもしれませんが、そうでない場合は「女と縁を作るために必死な奴」というレッテルを貼られかねません。

ずっと友達でいたいような、仲の良い女をターゲットにはするべきじゃないです。

失敗した場合、友達関係が壊れる可能性があります。

*PS

言い寄ったことが、共通の知り合いにバレる可能性も高いです。

3.友人の紹介

友人に誰かを紹介してもらうという方法もあります。

この方法はおススメです。

メリット、相手の質が期待できる

初めて女に会うときは、普通相手の情報がほとんどない状態で会うことになります。

・「彼氏を欲しいと思っているか?」

・「自分と合うか?」

・「見た目はどんなか?」

・「自分が彼氏になれる可能性はあるのか?」

こういった情報もないまま会うことになります。

しかし、友人からの紹介の場合、相手の好みを先に知ることもできますし、見た目もそんなにひどい人を連れてくることはありません。

性格に関しても、ヤバい奴はいないでしょう。

よって、ある程度のスペックが保証されています。

デメリット、少人数しか会えない

1度紹介してもらった人に、「次の人を紹介して」とは言えないものです。

そのため、人数が限られます。

合計で10人から15人ほど紹介されればいいほうでしょう。

*PS

「紹介してもらった子は好みじゃない」とは言いにくいです。

4.合コン

合コンで彼女を作るのもいいでしょう。

合コンは、友人の紹介とは違い、複数対複数で女と会うことになるので、盛り上げ上手な男がいれば上手く空気を作ってもらうことができます。

なので、コミュ障にとっては『友人の紹介』よりも向いていると思います。

デメリット、頻繁に開催されない

合コンは頻繁に開催されることはありません。

業種によっては週2くらいでやっているところもあるようですが、一般的には月1回でも多い方です。

簡単に合コンを開催する方法はありますが、毎度毎度自分が開くのは疲れてしまうので、頑張っても月1回開くのが社会人では限界でしょう。

当然ですが、合コンが開催される頻度が少なければ、出会える女の数も減ってしまいます。

その分、彼女が出来る確率も減ってしまいます。

5.ナンパ

ナンパもれっきとした彼女作りの方法の1つです。

この方法だと、自分の好みの子に声をかけることができるので、見た目の保証はされるでしょう。

デメリット、難易度が高い

デメリットは、当然ナンパの難易度です。

・ナンパを成功させる難易度

・ナンパをするメンタルを持つ難易度

この2つの難易度がありますが、この両方とも難易度はかなり高めです。

今まで遊び慣れた人じゃないと、この方法は難しいかもしれません。

特に、ヘタレがストリートナンパなんてやるべきじゃないです。

やるとしても、出会いの定番となるような場所でやるべきです。

>>>(『ナンパで彼女を作る方法』 & 『ナンパの必勝法』)

6.結婚紹介所・婚活パーティー

プロの手を借りて彼女を作るのも手でしょう。

結婚紹介所や婚活パーティーは、プロが介入してくれるので、相手紹介もスムーズです。

特に最近の結婚紹介所は、プロフィールや相手の希望条件から、最適な相手を紹介してくれるので、理想の人に会える可能性も高いです。

デメリット①、お金

この方法はお金がかかります。

結婚紹介所の中には、「入会費50万円以上で毎月5万円」なんてぼったくりのような所もあります。

婚約が成立したら、成功報酬を数十万円払わなければいけないとかは普通です。

デメリット②、色々重い

お金も重たいですが、状況が重たいです。

結婚紹介所も婚活パーティーも、恋人探しではなく結婚相手探しで利用すべきシステムです。

そのため、そこで彼女を作れたとしても、すぐに結婚を意識しなければいけません。

「ただ何となく彼女が欲しい」という人には向いてません。

7.社会人サークル・習い事

社会人サークルや習い事でも彼女を作ることは可能です。

この方法を使えば、自分の趣味を共有できるような相手を見つけることができます。

都会にいれば、社会人サークルの種類は数多くあるので、自分が入りたくなるようなものは必ずあります。

社会人サークルは、単純に趣味を楽しみたい人もいれば、人との出会いを求めている人もいるので、アプローチしたいと思える女が「出会いを求めている」パターンなら、トントン拍子に事を運ぶこともできるでしょう。

デメリット、活動は多くて週一

社会人活動は多くても週に1回です。

なので、意中の人と頻繁に会えるわけではありません。

社会人サークルは任意の参加であることが多いため、意中の相手が参加するかどうか分からないということを考えれば、その人と会えるのは月に1回くらいになるでしょう。

月に1回なら、自分から積極的に話かけたりしなければ、進展は望めません。

*PS

地方に住んでいる場合、社会人サークルの種類はそれほどありません。

8.街コン

街コンとは、街ぐるみで開催される合コンのようなイベントのことです。

『イベント』なので、れっきとした出会いの場所です。

このイベントには、数十人から数百人の人が参加するので、出会える女の潜在的な数はかなり多いです。

デメリット、ちゃんとした出会いにはならない

街コンは参加人数が多いので、一人一人との出会いが希薄なものになってしまいます。

なので、たくさんの人と話したのに成果がない・・・・みたいなことがよくあります。

また、参加人数が多いので、気軽に参加することもでき、その分冷やかしが多いです。

冷やかしで来ているような人は、街コンでは愛想よく振舞って、街コンが終われば何も無かったかのように普通の生活に戻ったりします。

このように、色々な人と話せても、何の意味もないものになりうるのが街コンです。

9.SNS

ネットにはたくさんのコミュニティがあります。

SNSを利用すれば、あらゆるコミュニティに参加することができます。

SNSのコミュニティは、ネットの中の関係だけではなく、オフ会という形で現実でも会う機会を設けることがあります。

このオフ会では、同じ趣味の人と会うことが出来るため、カップルの成約率も高いです。

デメリット、ブス女ばかり来る可能性がある

オフ会は、全く顔を知らない状態で会います。

そのため、せっかくオフ会に参加したとしてもブスな女しかいないなんてことも多いです。

>>(SNSを使って彼女を作る方法)

10.マッチングサイト・無料アプリ

マッチングサイトや無料アプリを使って彼女を探すことも可能です。

この方法を使えば、相手のプロフィールや相手の好みのタイプ、顔写真などを見て恋活することができます。

多くの無料アプリが、登録の際にポイントの無料提供を行っているため、最初に付与されるポイントだけでも数人と会うことは可能です。

無料ポイントを使い切ったとしても、2000円も出せば好みの女と会うことが可能です。

メリットをまとめると、こんなものがあります。

・自由な時間に会える

・お金がほとんどかからない

・顔を見て決めれる

・自分の短所を相手に言ってから会える

・最初がメール始まり

社会人が彼女を作る方法として、優れている方法の1つと言えるでしょう。

出会い系が不安だという人は、とりあえず無料登録できて、サクラもいない安全なサイト

PCMAXハッピーメールワクワク

に登録して、とりあえずどんな女の子がサイトにいるのか顔写真だけ見るのもありだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする