ジムでの『出会い』を詳しく解説!~早まってナンパする前に読んで欲しい

異性との出会いスポットとして『ジム』はよく挙がる場所の1つです。

では、本当にジムは異性との有効な出会いの場所になるかを検討していこうと思います。

ジムは出会いスポットとなるのか?

結論から言うと、ジムで異性と出会うことは可能です。

私の友達にも、ジムで出会った人と付き合っている人がいます。

世の中には、たくさんの人が私の友達のようにジムで彼女や彼氏を作っています。

このように、ジムが異性との出会いのスポットになるのはいつかの理由があります。

頻繁に顔を合わせる

ジムに通っていると、他のジム会員の人たちの顔を覚えてきます。

これはもちろん、自分だけが覚えているのではなく、相手の方も自分のことを覚えてきます。

恋愛において、好きになる人は『触れ合った人』『一緒にいる人』であることがほとんどです。

そのため、顔を多く合わせれば合わせるほど、恋愛感情に発展する可能性は高くなります。

ジムはこの要件を満たします。

職場で良い相手に恵まれなかった人などは、ジムに通うと、恋人となるターゲットとの出会いくらいはあるかもしれません。

目的の共有

ジムに通うのは目的があるからです。

  • 運動不足を解消したい
  • 筋肉をつけたい
  • ダイエット
  • ストレス解消
  • 頭をリフレッシュさせるため

などの理由が一般的です。

逆に言えば、これらの理由くらいしかありません。

そのため、自分の気になる人と少しでも意気投合した場合、二人で目標に向かってジムに通うという習慣をつけることができます。

お互いに同じ目標を共有したり、お互いの目標を認知した仲だと、仲良くなるスピードも普通の男女よりも早いです。

そのため、トントン拍子に話が進むこともあります。

ジムで仲良くなるための方法

出会いを期待してジムに通い始めたとしても、何も考えずにただ通っているだけでは出会いなどありません。

「あっ、あの子可愛い」とか頭の中で考えて終わるだけです。

そこで、ジムで異性と仲良くなるために必要なことを挙げていきます。

重要なのは、次の3つです。

・同じ時間に通う

・紳士的に振舞う、マナーを守る

・声をかける

同じ時間に通う

ジムに通っている人の多くが、生活リズムの中にジムの時間を取り入れています。

もっと正確に言えば、同じ曜日の同じ時間にジムに通っている人が多いです。

(通い始めの人はランダムに通っていたりしますが・・・・)

ジムで異性と仲良くなるためには、『頻繁に会う人ほど恋愛対象になる』というジムの長所を生かすために、同じ曜日・同じ時間に通って、同じ人と顔見知りになるべきです。

この方法を取れば、出会える人の人数は少なくなりますが、恋人にできる可能性は高まります。

紳士的に振舞う・マナーやルールを守る

ジムではいくつかのルールがあります。

それぞれのジムごとに定められているルールもありますが、共通してあるルールもあります。

「トレーニング器具を占領しない」

「トレーニング器具の上で休憩しない」

などは、どのジムでも言われることでしょう。

これらのルールをきちんと守らなければいけません。

ジムでは、自分の行動を誰が見ているか分かりません。ちょっとしたマナー違反を見えないようにやったとしても、誰かがそれを見ているものです。

公共の場所でルールを守らない男は、女から嫌われます。

「ジムで彼女を作りたい」と思うのなら、マナーはしっかりと守りましょう。

また、ジムで周りの人に好印象を与えるためには、店員に明るく挨拶したりするのが効果的です。

声をかける

ジムで異性と仲良くするには、自分から声をかけなくてはいけません。

まあハッキリ言ってナンパです。

『ナンパで彼女を作る方法』 & 『ナンパの必勝法』 の記事でも紹介しましたが、ナンパするときの一言目は普通であるべきです。

ジムでのナンパの場合、

・「こんにちわ」

・「この時間いつもいらっしゃいますよね?」

・「これ(器具)、あとどれくらい使われますか?」

みたいな感じで大丈夫です。

間違っても、「いきなり面白いことを言って、会話に爪痕を残してやろう!」なんて思わないようにしてください。

そっから普通に会話が始まれば、『ジムに通う目的』という鉄板ネタがあるので、会話には困らないでしょう。

ジムでの出会いのデメリット

ジムでの出会いは、実はたくさんのデメリットがあります。

そのデメリットを、ここでは4つ取り上げたいと思います。

1.ウザい

ジムに目的をもって通っている女の多くは、ナンパをウザいと思ってしまいます。

「ジムは口説くための場所じゃない。ナンパなら他でやってほしい」

「ジムでナンパされたせいで通いづらくなった 。」

「ジムで女に声かけてる男って、ジムで本当に体鍛える気あるの?」

などの辛らつな意見を持たれてしまいます。

2・お金

ジム通いにはお金がかかります。

どんなに安いジムでも、月額5000円はします。

ジムに通う目的が「出会い」「ナンパ」のみの場合、ジム通いはおススメしません。

金銭面で言うと、純粋にジムに通いたいという気持ちがある人が、トレーニングするためにジムに通い、「出会いもあればいいな~」くらいの感覚じゃないと割には会いません。

*PS

ジム会員を集めてパーティーを開いてくれるジムもありますが、そういったジムは月額1万円以上は必ずします。

3.ナンパに失敗したあと通いづらい

ジムでのナンパは、ストリートナンパよりも成功率は高いです。

ですが、ナンパ自体の成功率が低いため、当然ジムでのナンパの成功率も高いものではありません。

では、実際にナンパをしてみて失敗したらどうなるでしょうか?

そんなの気まずくなって、ジムに通いづらくなるに決まっています。

ジム通いは、周りの人たちと頻繁に顔を合わせるため、ジムに通っている限りその気まずさは継続します。

そのように、ジムでのナンパは他のナンパとは違い、1度の失敗の不利益がずっと続くことになります。

ジムを変えるのも手ですが、ジムの入会費を新しく払うのはもったいないですよね。

4.筋肉を求められる

ジムに長く通っている女の多くは、「痩せたい」「スタイルをキープしたい」という気持ちを持っている人たちです。

彼女たちは、体型に対してストイックな考え方を持っています。

そのため、現在の体系がブヨブヨな人が彼女たちをナンパするのは難しいです。

「ナンパする暇があったら、まずそのブヨブヨの体をどうにかしろよ」

こんな感じのことを思われて終わりです。

ジムにこだわる必要なんてないのに・・・・。

こんなにネットの出会いが広まっているのに、みんな余計なことにこだわっているように感じてなりません。(ナンパなど、色々な挑戦がしたいのなら別ですが・・・。)

(ネットを通して彼女を作っている人が約20%の時代に突入!)の記事でも紹介した通り、今は彼女の作り方も変わってきています。

「たくさんやりたい」

「暇つぶしできる相手が欲しい」

「彼女がほしい」

なんて願望は、賢い人ならみんな簡単に叶えられます。

ワンナイトの相手なんて特に余裕ですしね。

ネットでの出会いは、

・簡単に出会える

・お金がほぼかからない

・顔写真を見て会う相手を決めれる

・時間に縛られずに使用できる

・みんな使ってる

にも関わらず、いまだにマッチングアプリとかに偏見を持っている人も多いです。

本当にもったいない。使ってみれば分かるのに・・・。

ジムでの出会いなんて、体を鍛えたい人がプラスアルファで夢見るものだと私は思います。

出会い系が不安だという人は、とりあえず無料登録できて、サクラもいない大手の安全なサイト

PCMAXハッピーメールワクワク

に登録して、とりあえずどんな女の子がサイトにいるのか?顔写真だけ見るのもありだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする